北見市の新しい顔
始動です。

新市庁舎は、北見市の中心街地に立地し、北見市のランドマークとなることから、北見らしい自然や文化、歴史などの特色を生かした庁舎として、シンプルで機能的なデザインです。どの季節にも景観を損ねることのない白を基調としたたたずまいで、市民の生活を支えます。

北見らしい庁舎として

北見市の特産品であるキラキラとした白や透明のハッカを連想させる、ガラスや白色をイメージしました。

開かれた庁舎として

1・2Fはガラスカーテンウォールを採用し、開放性を高め、中心市街地と賑やかさが連続する「明るくオープン」な空間を創出しました。

複合交通・地域交流拠点として

周辺環境に配慮したデザインとして、「景観の調和と連続」をイメージしました。

新エネルギー・省エネルギー建築の象徴となる庁舎として

北見市で有用な太陽光発電パネルを活用し、「自然エネルギー利用が見える」モデルとしました。

ひととまちのつながりを生み出す庁舎

フロア紹介

*一部の写真は360度パノラマでご覧いただけます。
*ご利用のブラウザ環境によって表示されない場合がございます。ご了承ください。

フロア紹介

*一部の写真は360度パノラマでご覧いただけます。
*ご利用のブラウザ環境によって表示されない場合がございます。ご了承ください。

1f-2

人にやさしく親しみのある庁舎

窓口:証明書/住所・戸籍/保険・年金/高齢・介護・障がい/子ども・子育て/お支払い

窓口課 戸籍住民課 国保医療課 介護福祉課 保健福祉部総務課 障がい福祉課 保育課 子ども支援課(子育て世代包括支援センター) 会計課 指定金融機関派出所

窓口を1階と2階に配置

市民の利用頻度が高い窓口を1・2階に集約しました。分野別の窓口サインやフロアマネージャーによる案内、ライフイベント手続きのワンストップサービスなど、利用しやすく、わかりやすい窓口としました。手続きに要する時間もゆったりとお待ちいただける待合空間を配置しました。

わかりやすい空間配置

1階と2階は吹き抜けで連続性があり、エスカレーター、エレベーター、緩やかな階段で迷わずスムーズに移動できる動線としました。

市民ラウンジ(1階)

窓際に1人掛けのカウンターを配置しました。休憩や待ち合わせなどに利用できます。公衆無線LANや電源も設置しており、パソコンやスマホなどで仕事の合間なども有効に利用できます。

利用しやすい窓口

窓口は車いすの方でも利用しやすいよう足元の奥行きや天板の高さに配慮しました。また、安心して手続きや相談を行えるようプライバシーに配慮し、仕切りを配置しました。

絵本コーナー

小さなお子様向けの絵本コーナーを配置しました。お子様連れでも安心してお越しいただけます。

2f

まちの交流やにぎわいに寄与する庁舎

窓口:税金のこと/青少年のこと/生活支援

資産税課 納税課 市民税課 青少年課(青少年相談センター) 保育施設課 保護課 多目的スペース スカイウォーク(まちきた大通ビル連絡通路)

市民ラウンジ(2階)

窓際に木枠のボックス席を配置しました。少人数での談笑や憩いの場などに利用できます。

スカイウォーク

新庁舎とまちきた大通りビルを結ぶスカイウォークを配置し、連続的な歩行者動線によるまちと人の「つながり」を生み出す庁舎を目指しています。

情報コーナー

情報コーナーでは、北見の特産品や観光情報、高知市をはじめとした各姉妹都市の文化や交流の絆など、様々な魅力を発信します。

窓口、多目的スペース

2階にはイベントなどに使用できる多目的スペースを設置しています。確定申告やバス乗車証の一斉更新などの臨時的な窓口やパブリックビューイングなどの催事会場として活用します。

会議室

執務室の奥には開放感溢れるガラス張りの会議室を設置しました。

3f

経済的で可変性を持った庁舎

窓口・執務室

市民の声をきく課(市政相談) 市民活動課 市民生活課 環境課(畜犬・霊園) 廃棄物対策課 都市建設部総務課(公営住宅) 都市計画課 土木課 建設指導課 建築 公園緑地課 地域医療対策室 工事検査主幹 監査事務局 会議室(301〜302)

ユニバーサルレイアウト

フロア全体を見通せる空間とし、部署どうしの連携や職員のコミュニケーションの活性化により、業務効率の向上につなげます。執務室のデスクなど什器類は規則的に配列したレイアウトとし、直線的な動線や無駄のない床利用により効率的な執務環境を確保しました。

通路

窓口と通路は広い空間を確保し、スムーズに移動しやすい環境となっています。

4f

安全・安心な暮らしを支える庁舎

執務室

市長室 副市長室 企画政策課 財政課 秘書課 地域振興課 総務部総務課 車両課 防災危機管理課 文書課 市政情報公開室 市史編さん主幹 職員課 契約課 選挙管理委員会事務局 庁議室・災害対策本部室

市長室

市長が執務や職員との打合せなどを行う室です。落ち着きのある空間としました。

市長応接室

市内、道内、国内、海外から多くのお客様を迎える市長応接室は、木の温もりを感じられる居心地の良さとおもてなしの空間をコンセプトとしています。

災害対策本部室

災害時に迅速な意思決定や集中的な災害指揮を行えるよう、市長室の隣に災害対策本部室を配置するとともにテレビ会議や情報収集に必要な設備環境を配備しています。

災害対策本部情報連絡室

災害対策本部と緊密な連携が必要な関係機関が集まる連絡室を災害対策本部室の隣に配置しました。

迅速かつ集中的な災害対策が可能

非常用発電機(7階)

災害時にも機能を維持

停電時には非常用発電機から電力を確保し、災害対策本部をはじめ、行政機能を維持することができます。災害時においても自然換気や自然採光、太陽光発電の活用により、エネルギー負荷の低減を図ります。

地震に強い建築構造

官庁施設の耐震基準を満たす耐震構造の建築物です。落下物を軽減するため、二重天井を極力減らすとともに、書棚等は壁や床などと固定しました。

5f

情報化に柔軟に対応する庁舎

執務室

農政課 農林整備課 水産課 商業労政課 工業振興課 観光振興課 情報システム課 新庁舎整備推進室 農業委員会事務局 入札室 会議室(501~506)

多様な用途に適応した会議室

会議の規模に応じた大・中・小の広さの会議室を配置し、庁内LANや大型ディスプレイなどのICTを活用できる環境を整えました。

入札室

会議の規模に応じた大・中・小の広さの会議室を配置し、庁内LANや大型ディスプレイなどのICTを活用して効率的な会議を行える環境としました。

6f

独立性の確保と市民に身近な議会

北見市議会

議場 第1委員会室 第2委員会室 第3委員会室 正副議長室 議員控室 議会事務局

議場

全体に木のぬくもりを感じる重厚で落ち着いた空間になっています。市民に身近な、より開かれた議会をめざします。

議場(傍聴席)

座席は60席で、議場後部にあります。車いすでの傍聴も可能です。

委員会室

議場と同様に委員の机などには地域材を活用しました。

6Fロビー

市議会の傍聴に訪れた際にゆったりと休憩できるロビーを配置しました。

傍聴ロビー

傍聴席からすぐのロビーには、暖かい陽の光が差し込みます。傍聴席までバリアフリースロープとなっています。

新庁舎の特徴

環境や景観に配慮した北見らしい庁舎

BELS(ベルス)とは、
建築物のエネルギー消費の状態を第三者が一定の方法で評価し、当該建築物の省エネルギー性能を表示する制度をいう。Building・Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)の略語

自然エネルギーの有効活用

太陽光発電・自然換気・自然採光を積極的に取り入れ、環境負荷の低減に寄与します。

省エネルギー化の推進

自然採光・LED照明・人感及び明るさセンサーなど照明エネルギーの削減をめざします。

エネルギー損失の低減

外断熱・断熱サッシ・高性能ガラスを採用し、建物への負荷を効果的に低減します。

地域資源の活用

地域特性を生かした再生可能エネルギー活用・環境負荷低減に配慮し、街並や自然に調和した新しい都市景観の創出をめざします。

庁舎南面ソーラーシステム

日照時間の長さを誇る北見市の特徴を活かして、外壁面に太陽光発電パネルを設置し、その発電量は1階総合案内付近の表示パネルで確認できます。

地域材を取り入れた内装やカウンター

北見らしさの表現として地域資源の木材を使い来庁者が木のぬくもりから安心感と快適性を感じられるような空間を創出しています。

人にやさしいユニバーサルデザイン庁舎

多機能トイレ

車いす・ベビーカー・シルバーカー利用者にわかりやすく十分なスペースを確保した多機能トイレ

授乳室

赤ちゃんとママにやさしい授乳室やおむつ替えベッド

エレベーター

庁舎の東側と西側に、手すり・鏡・車いす利用者用操作盤・点字名板・音声アナウンス装置の標準装備に加えて、非常事態に備えたストレッチャーにも対応したエレベーターもあります。

バリアフリー

車いす使用者等専用駐車場には庇(ひさし)を設置し、駐車場から庁舎玄関までスムーズに出入りできます。

駅、商業施設との連携

北見駅から商業施設、庁舎へと天候に左右されずに連携した移動が可能です。

階段

市民のみなさんが頻繁に利用する階段は、踏面の幅を広く、蹴上(段差の高さ)を低く抑え、高齢者も歩きやすい設計となっています。

建築概要

建物用途:市庁舎
建築場所:北見市大通西3丁目1番地1
     北見市大通西4丁目1番地1
敷地面積:7,976.59㎡
用途地域:商業地域
防火地域:防火地域
日影規制:なし
建ぺい率:80%
容  積  率:600%
規  模:地下1階、地上7階建
構  造:鉄骨鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
建築面積:3,113.31
延床面積:17,213.01㎡
高  さ:32.51m
駐車台数:150台
駐車台数:30台